別れた元夫へ

貴方は覚えているだろうか

  その昔、まだ付き合い始めた頃
  私が入院した時を
  面会謝絶されるほどの重症だったのに
  貴方は、シクラメンの鉢植えを見舞いに持っ
  てきて、後に周りから笑われたよね。

 
  その昔、付き合いだした頃、 
  私の父が緊急で入院して、貴方が一緒に見舞い
  に来てくれて
  不安でうろたえていた母は
  私ではなく、貴方の胸で泣き崩れた。



貴方は知っているだろうか。

  その昔、結婚を悩んでいた頃  
  貴方と幸せになりなさいと母が背中を押して
  くれたことを。


貴方は知っていただろうか

  その昔、新婚の頃
  盆、正月に、夫婦そろって私の実家にいくと、
  「 今年はでっかくいこう‼ 」・・・と、
  母が作ってたあの料理
  それまでに、私が見たことのないほどの料理。
  あれは、母が、貴方のためにだけの精一杯の
  振る舞いだった。


  その母が、あと数ヵ月の命しかないと聞かされ
  た時、私は、母の介抱すら許されなかった。


貴方はきちんと見ていてくれたのだろうか

  貴方に、ただただ、誉められたくて
  私は、料理や裁縫を、育児を、本を見ながら
  頑張っていたことを。


少しずつ、少しずつ、互いが見れなくなり別れてしまったけど

感謝していることがあります。

1つ

学歴もなく、容姿に自信のない私に、卑下することの方が、哀れだし、醜いことだと教えてくれたこと。

1つ

子供たちがまだ、幼い頃、
のらりくらりとやっていた自営業をたたみ、
子供たちや私のために、それまでとは全く違う職種に就き、朝早くから遅くまで働き、

なおかつ、私を働かせないで、子供たちのそばに居させてくれたこと。

1つ

子供たちがひねくれることなく、大好きなお父さんで居てくれたこと。



貴方は知っていますか?
その昔、貴方が旅行で、夜に家に居なかった時、
私は貴方の腕枕がなくて
寂しくて寂しくて、貴方の枕の匂いをかぎながら眠っていました。



もう、元のさやに戻ることはありません。

でも、感謝しています。

貴方は闘病中だけど、

なにもしてあげられません。