エクボちゃんたちのママ

思い付いたままを書いていきます🎵インスタもよろしくお願いします。https://www.instagram.com/ekubo_mama/

1月31日 (水) ☀

 「 今日の調子はどうですか? 」


車イスの彼は、目を閉じたまま弱々しく応えた。

 「 ・・・あんまり良くないです。 」



 「 私が誰だかわかりますか? 」

 「 ・・・目を閉じていてもわかりますよ。
   女神さんですね。 」


97歳。
半年前に入居されてきた頃は、私と会うと、指をピンと揃えて笑顔で敬礼をしてくださっていた。

日々、私たちが、雑務に追われる中、
彼は、慣れない施設生活と
それに対する私たち職員の至らない【業務】の結果ではないか❗と、私は自分を責める。


 「 今日は、少し天気が良いです。
   どこか、行きたい所はありませんか? 」

少しだけ考えて
 「 常盤公園ですね。 」

 「 よし❗ 行こう❗ 」






「 ごめん‼ 人手、足りてるよね❗
  ○○さんと、常盤公園行ってくるわ❗ 」


いつも通り、身勝手な私の行動(笑)
    ( 〃▽〃)





リフトカーに車イスごと、乗っていただき、車で10分。




 「 着きましたよ (⌒‐⌒) 」


が、車から降りて、数メートル。
まだ、駐車場の中。
彼の一言。



 「 これで充分です。
   帰りましょう。 」


     (/ロ゜)/


 「 寒いですか? 」


 「 いや・・・・僕は、女神さんが職員さんから
   叱られるのではないか・・・心配で・・。 」


こんな風に私を気づかってくださるのに、彼がこんなに小さくなるまで私は・・・・


 「 大丈夫❗ (゜∇^d)!!
   これでも、私は威張ってる人なんだから 」
        


うっすらと笑ってくれた。



公園の中の池の橋を渡り、売店で鳩と鯉の餌を買った。


あっという間に、私たちは鳩に包囲された。
彼は、うつろな表情でじっと見つめている。



ここで笑いを取れなきゃデイサービスの職員じゃないな❗

と、芸人魂が芽を出す。



 「 ○○さん❗   見て❗ 」

      \(^o^)/


頭の上にまかれた鳩の餌に誘われて、私の頭には数羽の鳩。

ツンツンとつつかれて・・・・ちょいと、痛いぞ⤵



目を丸くして、驚きの○○さん (○_○)!!

ヤバイ❗
引いてる ( ; ゜Д゜)


私は、頭の上の鳩が逃げないように、ゆっくりゆっくりターンして、ジャージの裾を持ち、かわいく軽く会釈をすると、やっとニッコリしてくれた。




缶コーヒーを飲みながら沢山話を聞いた。




 「 姉と来ているようで、とても幸せです。 」



嬉しいお言葉だが、心が痛かった。