エクボちゃんたちのママ

思い付いたままを書いていきます🎵インスタもよろしくお願いします。https://www.instagram.com/ekubo_mama/

何が正しいか

施設で、外部の方々の送迎から帰ると、職員が血相変えて近づいてきた。


  「 ○○さんが意識がありません。 」


走ってお部屋へと向かう。
もう一人の看護師がAED をセットしていた。

AED からの音声。


  「 AED は不要です。
    心肺蘇生を続けてください。 」


どこの動脈からも脈拍が触れない。


   「 聴診器‼ 」

心音も肺の呼吸の音も聞こえない。

AED は不要ですって・・・

どういうこと⁉

心拍が弱い・・・ってことか❗


即座に心臓マッサージを行う。


心臓マッサージを変わってもらい、人工呼吸も行った。





  「 ○○さん❗  ○○さん❗ 」

大声で叫ぶが、眉間もひとつも反応しない。




涙が止まらない。






様々なことが頭を過ったんだ。

  ( もう逝かせてもエエんじゃないか? )


  ( 二人で、鳩を一緒に見に行って、頭の上の
   鳩をみて、うっすらと笑ってくれた。
   帰りに初詣に行って、一緒に鈴を鳴らして
   お賽銭なげて。
   あのとき、何を願ったの? )

  ( もう、結構です・・・って言ってるの? )


  ( 今、私がやってることは・・・誰のため? )


  ( 子供さんが帰ってくるまでは・・・ )


  ( ○○さんは・・・・
        もういいよ、もういいよって
    いってるんじゃないか⁉ )


  ( もう1回でいいから、一緒に出掛けよ )


  ( お願いだから・・逝かないで・・・ )




楽にしてあげたいと思いながらも、私は、この会社の人間であることが考えの邪魔をする。



救急隊がきて、セッティングされたモニターに、30台の心拍が映し出された。



胸板が大きく沈むほどの心臓マッサージが行われながら病院へと向かう。




救急センターに運ばれ、医師へ流れを説明。


医師の一言。

  「 今の時代、人工呼吸はしませんよ。
    感染だとか…リスクを考えるとね。 」


わかってる。
数年前にも言われたよ。


同じような状況で。


でも、あのときも今回も仕方なかった。

  感染症
  大丈夫か?
って、思ったさ。

いや、目の前のこれを何とかしなきゃ❗



自分には守るものはない❗

○○さんを守りたい❗


って、自分で決めた行動なんだ。


あんたから、言われなくてもわかってるさ‼






ただ

結局は、息子さんが帰ってくるまでに間に合わなくて・・・


私がしたことは正しかったか



そこなんだ・・・