エクボちゃんたちのママ

思い付いたままを書いていきます🎵インスタもよろしくお願いします。https://www.instagram.com/ekubo_mama/

風邪じゃないよ

私は、娘夫婦と小学生と幼稚園児の5人家族。


子供が小さいと、しっかりと免疫がつくまでは風邪やワケわからん熱にママは心をいためる。


下手に咳をしようものなら、ジロリと睨まれる。
幼子に風邪がうつることがいち早く彼女の頭の中で想像されるのであろう。


昨日の寝る前のこと。
私が咳を二つ三つ…

  (娘) ジロリ( ̄ヘ ̄メ)


(私) 風邪じゃないよ

  (娘) えっ(゜ロ゜ノ)ノ

(私) 心配させると悪いから

  (娘) なんで・・・

(私) 早く言っとかんと・・気にするやろ?

 (娘) ・・・・(´;ω;`)




( なんか反応がおかしい )
(´;ω;`)








・・・(;´Д`)
娘の耳に届いた私の言葉は



金がないよ


だった(((((゜゜;)

我以外、皆、師なり

長く高齢介護施設で働いているが、

  大変なお仕事ですよね

と、よく言われる。

残念なことに・・・・実感がわかない、



別に
無責任に仕事をしているつもりはなく・・




確かに腹が立つこともないわけではないが

  罪を憎んで人を憎まず

と、同じで

  病気がそうさせているわけで、この方が好んで
  そうさせているわけではなく、
  逆に、この方は苦しんでおられるはず

そう思うと、例えば、その認知症がさせている行動にも腹をたててはいけなくて、少しでも腹をたてた己を愚かだと思ってしまう。
・・・(;´Д`)



下の世話や、
辻褄の合わない会話や、
徘徊
強い介護抵抗



ご家族様が頭を抱えながら、涙ながらにお話をされる

  元気な頃は、こんなじゃなかった




今のお母さま・お父様も
お母様でありお父様である


そう受け止めて頂けるように、可能な限りのサポートをさせていただくわけだが・・・



私たちは、御家族様と違って、四六時中顔を付き合わせている訳ではないから、綺麗事もぬかすことができる。



ただ・・・


私がなぜ、この仕事から抜け出せなくなったかと言うと、彼らからと御家族様から学ぶことが多すぎて・・・・・・からかもしれない
(⌒‐⌒)



花の名前
料理の下拵え
ことわざ



菊とヨモギの違いがわからなかった私が、今ではかなりの知識を得ており、孫に話して聞かせられる程にまで成長している
d=(^o^)=b


とにかく、彼らは宝の山



そんなの、おばあちゃんの知恵袋検索すれば、情報あるやん⤴


ネットで調べればすぐわかるやん⤴




どうかなあ⁉



今日の彼らの会話

戦争時代

  昔はの、ワシらの命は1円にも満たんやった。
  葉書代よの・・・
  なんでかって?
  赤紙で召集されたら、それまでで、
  お前らの命は葉書代にしか当たらん❗っての。



まだ、先の話はあるが

こんな、話はパソコンでは伝わってこない。



こうして生き抜いてきた彼らが大好きで
こんな仕事をしている自分が大好き

まだまだ色々と教わりたい

神様から与えられた試練

幼い頃、


不幸な環境だったのか
幸せな環境だったのか
よくわからないが

  私が死んだら誰か泣いてくれるのだろうか

と、真剣に悩んでいた時期がある。



馬鹿げているが、何度も 
【死んだふり】 
をしている。


夜、寝ていて、誰かが私を覗きこんだとき
朝、起こされるとき

ピクリとも動かずに息を止める



姉や母は、何事もないように、スルーするか、私をたたき起こすかのどちらかで・・・・



そして、また

  私が死んだら誰か泣いてくれるのだろうか

と、悩むのである。




大人になり、異性から

  男は試されるのが一番嫌いなんだ

と言うことを聞いたとき、その事が頭に浮かんだ。


あの頃の私は、自分がどう思われているのかを知りたくて、試していたのかあ(笑)



何でだろう


自分に自信がなかったから ?

人を信じていなかったから ?



で・・・・・今は ?


自分に自信がついた ?

  いや、自信はないけど・・・?神経が図太くなった
  ・・・(;´Д`)



人を信じるようになった ?

  ん~
  警戒心は・・強い・・・・




だから、死んだふりはしなくなった ?







わかった💡






神様から与えられた試練のおかげかもしれん

     d=(^o^)=b  

幸せのかたち

立ち止まる

後ろを振り向き、暗闇の中から、
過去の自分を見てみる


   笑顔の私がいる

   幸せそうに笑っている


何がそうさせてるの?


   大好きな人がそばにいる

   その人と話をしている

   その人と食事をしている

   その人と歩いている

   寝るときは隣で眠り

   起きると隣で眠っている

   手を繋いでくれる

色々と見えてくる、あの頃の幸せのかたち





今、それが見えてしまうのは
今、それがないから
今、それを欲しているから・・・・




前を向き、今の自分を見てみる


   笑顔の私がいる

   幸せそうに誰かを見つめている


何がそうさせてるの?


   娘たちがいる

   孫たちがいる

   娘たちが話をしてくれる

   幼い孫たちが小さな手で抱き締めてくれる

   暖かい太陽と風と庭

贅沢な今の幸せのかたち


そう

過去は過去


これからの幸せのかたちを見つけよう

これからの幸せのかたちをつくろう

   
  

何が正しいか

施設で、外部の方々の送迎から帰ると、職員が血相変えて近づいてきた。


  「 ○○さんが意識がありません。 」


走ってお部屋へと向かう。
もう一人の看護師がAED をセットしていた。

AED からの音声。


  「 AED は不要です。
    心肺蘇生を続けてください。 」


どこの動脈からも脈拍が触れない。


   「 聴診器‼ 」

心音も肺の呼吸の音も聞こえない。

AED は不要ですって・・・

どういうこと⁉

心拍が弱い・・・ってことか❗


即座に心臓マッサージを行う。


心臓マッサージを変わってもらい、人工呼吸も行った。





  「 ○○さん❗  ○○さん❗ 」

大声で叫ぶが、眉間もひとつも反応しない。




涙が止まらない。






様々なことが頭を過ったんだ。

  ( もう逝かせてもエエんじゃないか? )


  ( 二人で、鳩を一緒に見に行って、頭の上の
   鳩をみて、うっすらと笑ってくれた。
   帰りに初詣に行って、一緒に鈴を鳴らして
   お賽銭なげて。
   あのとき、何を願ったの? )

  ( もう、結構です・・・って言ってるの? )


  ( 今、私がやってることは・・・誰のため? )


  ( 子供さんが帰ってくるまでは・・・ )


  ( ○○さんは・・・・
        もういいよ、もういいよって
    いってるんじゃないか⁉ )


  ( もう1回でいいから、一緒に出掛けよ )


  ( お願いだから・・逝かないで・・・ )




楽にしてあげたいと思いながらも、私は、この会社の人間であることが考えの邪魔をする。



救急隊がきて、セッティングされたモニターに、30台の心拍が映し出された。



胸板が大きく沈むほどの心臓マッサージが行われながら病院へと向かう。




救急センターに運ばれ、医師へ流れを説明。


医師の一言。

  「 今の時代、人工呼吸はしませんよ。
    感染だとか…リスクを考えるとね。 」


わかってる。
数年前にも言われたよ。


同じような状況で。


でも、あのときも今回も仕方なかった。

  感染症
  大丈夫か?
って、思ったさ。

いや、目の前のこれを何とかしなきゃ❗



自分には守るものはない❗

○○さんを守りたい❗


って、自分で決めた行動なんだ。


あんたから、言われなくてもわかってるさ‼






ただ

結局は、息子さんが帰ってくるまでに間に合わなくて・・・


私がしたことは正しかったか



そこなんだ・・・

1月31日 (水) ☀

 「 今日の調子はどうですか? 」


車イスの彼は、目を閉じたまま弱々しく応えた。

 「 ・・・あんまり良くないです。 」



 「 私が誰だかわかりますか? 」

 「 ・・・目を閉じていてもわかりますよ。
   女神さんですね。 」


97歳。
半年前に入居されてきた頃は、私と会うと、指をピンと揃えて笑顔で敬礼をしてくださっていた。

日々、私たちが、雑務に追われる中、
彼は、慣れない施設生活と
それに対する私たち職員の至らない【業務】の結果ではないか❗と、私は自分を責める。


 「 今日は、少し天気が良いです。
   どこか、行きたい所はありませんか? 」

少しだけ考えて
 「 常盤公園ですね。 」

 「 よし❗ 行こう❗ 」






「 ごめん‼ 人手、足りてるよね❗
  ○○さんと、常盤公園行ってくるわ❗ 」


いつも通り、身勝手な私の行動(笑)
    ( 〃▽〃)





リフトカーに車イスごと、乗っていただき、車で10分。




 「 着きましたよ (⌒‐⌒) 」


が、車から降りて、数メートル。
まだ、駐車場の中。
彼の一言。



 「 これで充分です。
   帰りましょう。 」


     (/ロ゜)/


 「 寒いですか? 」


 「 いや・・・・僕は、女神さんが職員さんから
   叱られるのではないか・・・心配で・・。 」


こんな風に私を気づかってくださるのに、彼がこんなに小さくなるまで私は・・・・


 「 大丈夫❗ (゜∇^d)!!
   これでも、私は威張ってる人なんだから 」
        


うっすらと笑ってくれた。



公園の中の池の橋を渡り、売店で鳩と鯉の餌を買った。


あっという間に、私たちは鳩に包囲された。
彼は、うつろな表情でじっと見つめている。



ここで笑いを取れなきゃデイサービスの職員じゃないな❗

と、芸人魂が芽を出す。



 「 ○○さん❗   見て❗ 」

      \(^o^)/


頭の上にまかれた鳩の餌に誘われて、私の頭には数羽の鳩。

ツンツンとつつかれて・・・・ちょいと、痛いぞ⤵



目を丸くして、驚きの○○さん (○_○)!!

ヤバイ❗
引いてる ( ; ゜Д゜)


私は、頭の上の鳩が逃げないように、ゆっくりゆっくりターンして、ジャージの裾を持ち、かわいく軽く会釈をすると、やっとニッコリしてくれた。




缶コーヒーを飲みながら沢山話を聞いた。




 「 姉と来ているようで、とても幸せです。 」



嬉しいお言葉だが、心が痛かった。

おしゃれはガマン⤴・・(○_○)⁉

日本中を寒波が襲い、あちこちで雪が積もる中、私の住む町も、今日はチラチラと雪が舞っています。


数日前の食卓で娘が鼻息を荒らして

 「 最近の子供たちは、なんとまあお洒落では
   あるけれど、この寒いのに、短いスカート
   はいてさ。
   ハイソックスはいとるとは言うても
   ちょこっとだけ、肌がでちょるんよ。
   見るだけでも寒い❗ 」



まあ、私は耳を疑いましたよ(笑)


この娘
今は30歳になりましたが、たったの10年前は、真冬でもミニスカート。


長めのスカートや、ズボンをすすめる私に一言。

  「 おしゃれはガマンよ ❗ 」

当時は、ブイブイ言わせたお姉ちゃん。

私にまで、ミニスカやブーツ姿を提供してきていたお嬢さん。



気付けば、今や、二人の子持ちで、裏起毛のパーカーや、長ズボン、フカフカの靴下が手放せなくなっている。


年齢には勝てなくなったか(/ロ゜)/