エクボちゃんたちのママ

思い付いたままを書いていきます🎵インスタもよろしくお願いします。https://www.instagram.com/ekubo_mama/

何が正しいか

施設で、外部の方々の送迎から帰ると、職員が血相変えて近づいてきた。


  「 ○○さんが意識がありません。 」


走ってお部屋へと向かう。
もう一人の看護師がAED をセットしていた。

AED からの音声。


  「 AED は不要です。
    心肺蘇生を続けてください。 」


どこの動脈からも脈拍が触れない。


   「 聴診器‼ 」

心音も肺の呼吸の音も聞こえない。

AED は不要ですって・・・

どういうこと⁉

心拍が弱い・・・ってことか❗


即座に心臓マッサージを行う。


心臓マッサージを変わってもらい、人工呼吸も行った。





  「 ○○さん❗  ○○さん❗ 」

大声で叫ぶが、眉間もひとつも反応しない。




涙が止まらない。






様々なことが頭を過ったんだ。

  ( もう逝かせてもエエんじゃないか? )


  ( 二人で、鳩を一緒に見に行って、頭の上の
   鳩をみて、うっすらと笑ってくれた。
   帰りに初詣に行って、一緒に鈴を鳴らして
   お賽銭なげて。
   あのとき、何を願ったの? )

  ( もう、結構です・・・って言ってるの? )


  ( 今、私がやってることは・・・誰のため? )


  ( 子供さんが帰ってくるまでは・・・ )


  ( ○○さんは・・・・
        もういいよ、もういいよって
    いってるんじゃないか⁉ )


  ( もう1回でいいから、一緒に出掛けよ )


  ( お願いだから・・逝かないで・・・ )




楽にしてあげたいと思いながらも、私は、この会社の人間であることが考えの邪魔をする。



救急隊がきて、セッティングされたモニターに、30台の心拍が映し出された。



胸板が大きく沈むほどの心臓マッサージが行われながら病院へと向かう。




救急センターに運ばれ、医師へ流れを説明。


医師の一言。

  「 今の時代、人工呼吸はしませんよ。
    感染だとか…リスクを考えるとね。 」


わかってる。
数年前にも言われたよ。


同じような状況で。


でも、あのときも今回も仕方なかった。

  感染症
  大丈夫か?
って、思ったさ。

いや、目の前のこれを何とかしなきゃ❗



自分には守るものはない❗

○○さんを守りたい❗


って、自分で決めた行動なんだ。


あんたから、言われなくてもわかってるさ‼






ただ

結局は、息子さんが帰ってくるまでに間に合わなくて・・・


私がしたことは正しかったか



そこなんだ・・・

1月31日 (水) ☀

 「 今日の調子はどうですか? 」


車イスの彼は、目を閉じたまま弱々しく応えた。

 「 ・・・あんまり良くないです。 」



 「 私が誰だかわかりますか? 」

 「 ・・・目を閉じていてもわかりますよ。
   女神さんですね。 」


97歳。
半年前に入居されてきた頃は、私と会うと、指をピンと揃えて笑顔で敬礼をしてくださっていた。

日々、私たちが、雑務に追われる中、
彼は、慣れない施設生活と
それに対する私たち職員の至らない【業務】の結果ではないか❗と、私は自分を責める。


 「 今日は、少し天気が良いです。
   どこか、行きたい所はありませんか? 」

少しだけ考えて
 「 常盤公園ですね。 」

 「 よし❗ 行こう❗ 」






「 ごめん‼ 人手、足りてるよね❗
  ○○さんと、常盤公園行ってくるわ❗ 」


いつも通り、身勝手な私の行動(笑)
    ( 〃▽〃)





リフトカーに車イスごと、乗っていただき、車で10分。




 「 着きましたよ (⌒‐⌒) 」


が、車から降りて、数メートル。
まだ、駐車場の中。
彼の一言。



 「 これで充分です。
   帰りましょう。 」


     (/ロ゜)/


 「 寒いですか? 」


 「 いや・・・・僕は、女神さんが職員さんから
   叱られるのではないか・・・心配で・・。 」


こんな風に私を気づかってくださるのに、彼がこんなに小さくなるまで私は・・・・


 「 大丈夫❗ (゜∇^d)!!
   これでも、私は威張ってる人なんだから 」
        


うっすらと笑ってくれた。



公園の中の池の橋を渡り、売店で鳩と鯉の餌を買った。


あっという間に、私たちは鳩に包囲された。
彼は、うつろな表情でじっと見つめている。



ここで笑いを取れなきゃデイサービスの職員じゃないな❗

と、芸人魂が芽を出す。



 「 ○○さん❗   見て❗ 」

      \(^o^)/


頭の上にまかれた鳩の餌に誘われて、私の頭には数羽の鳩。

ツンツンとつつかれて・・・・ちょいと、痛いぞ⤵



目を丸くして、驚きの○○さん (○_○)!!

ヤバイ❗
引いてる ( ; ゜Д゜)


私は、頭の上の鳩が逃げないように、ゆっくりゆっくりターンして、ジャージの裾を持ち、かわいく軽く会釈をすると、やっとニッコリしてくれた。




缶コーヒーを飲みながら沢山話を聞いた。




 「 姉と来ているようで、とても幸せです。 」



嬉しいお言葉だが、心が痛かった。

おしゃれはガマン⤴・・(○_○)⁉

日本中を寒波が襲い、あちこちで雪が積もる中、私の住む町も、今日はチラチラと雪が舞っています。


数日前の食卓で娘が鼻息を荒らして

 「 最近の子供たちは、なんとまあお洒落では
   あるけれど、この寒いのに、短いスカート
   はいてさ。
   ハイソックスはいとるとは言うても
   ちょこっとだけ、肌がでちょるんよ。
   見るだけでも寒い❗ 」



まあ、私は耳を疑いましたよ(笑)


この娘
今は30歳になりましたが、たったの10年前は、真冬でもミニスカート。


長めのスカートや、ズボンをすすめる私に一言。

  「 おしゃれはガマンよ ❗ 」

当時は、ブイブイ言わせたお姉ちゃん。

私にまで、ミニスカやブーツ姿を提供してきていたお嬢さん。



気付けば、今や、二人の子持ちで、裏起毛のパーカーや、長ズボン、フカフカの靴下が手放せなくなっている。


年齢には勝てなくなったか(/ロ゜)/

今年中にやってしまいたい【決別】

元・旦那がなくなり、年末に49日法要を行う。

そして、相続等諸問題について義姉たちとの話し合いがある。


義姉との決別の日を迎える…はず。





思えば、きんちゃん28歳、ワタシ17歳からスタートして40年。



まあ、色々有りすぎた。


一番は【身分の格差から起こされた諸問題】だろうか。


きんちゃん宅が、大富豪というわけではないが、ワタシの実家が笑えるほどの貧乏だったことと、日本人ではないのでは?という疑いがあったことが、結婚前からの問題だった。



お互いがお互いを認めあい、理解できるなら、そんなことは何ら問題ではない


結婚前にそんな感じで、きんちゃんは言ったように思う。



が、ことごとく、きんちゃんの親や姉はワタシを、ワタシの親を見下していた。


そんなことは、きんちゃんがフォローさえしてくれれば、なんの苦痛にもならない・・・はずだった。



しかし、親を愛し親から溺愛され、姉に頭が上がらないきんちゃんから助けられたことが・・ないような気がする。




その義母が、癌に侵され、もう残された日数が少なくなった頃、我が娘を見ながらポツリともらした。


この子たちが一番いい子。
他の子達は、私のお金を目的に来ているだけで・・



そして、義母は、息を引き取る直前、もうろうとしながら、姉の子供たちの
  「お婆ちゃん❗」
という声に、イヤイヤと首を横にふり、私の
  「お義母さん・・」
という声に、顔の緊張を緩め、ウンウンと首を縦にふってくれた。


私は・・・・・・全てを許そう


そう思った。


義母は、私を理解してくれてたんだろう。
だけど、素直じゃなかっただけで、
私の素直で純真な子供たちを見て、
きんちゃんと私の結婚を認めてくれていたに違いない。


畑が違えば、出来る身が違いますね❗
あなたが作った料理は猫でも食べません❗


元気だった頃の義母からの、そんな言葉は、笑い話に変えられるものになった。




過去は変えられない。
だけど、不要な過去は忘れよう。



だけど、その後は、違った形で姉の攻撃や介入は続き、姉の希望通りに私たちは離婚した。


もう、その頃は、私のきんちゃんに対する【愛】と言うものは消え失せ、寂しさや怒りが露に出ていたように思う。



義姉は、大好きな弟を勝ち取ったかのように、今度は、娘との間にまで介入を初め、振り回し、私たち家族はバラバラになりかけた。



家族愛を取り戻し、振り回され・・・何度繰り返したか。



きんちゃんが、自宅で、誰もいないところで息を引き取った。


これまでに、たまりたまった感情で、義姉と醜い口論となった。


 「 いつもすまんね 」

と、きんちゃんの声が聞こえた気がした。

 「 お母さんには苦労させた 」
 「 お母さんは、いつまでたっても幸せに
   ならん・・・ 」

と、きんちゃんの言葉が浮かんだ。


誰もいない外で大泣きを一度だけ・・・。




もう、きんちゃんはいないのに

望み通りにしてきてあげたのに



・・・また


もう結構です‼
もう沢山です‼


人は、支え支えられてこそ人になる。


いや、私は貴女と、人として関わりたくないのです。


・・でも


私が死んだあと、娘たちはあの人に助けられることごあるのだろうか


そんなことを考えながらも


私は、あの人と決別という形を取りたいのです。



49日の日
すべてが終わる

NHK受信料

元・旦那がなくなり、ようやく、ニュース等が頭に入りやすくなってきた。

携帯に、

テレビがあればNHKの受信料を払うのは義務である・・・という裁判がおこったとのニュース。


以前、この受信料のことで、投稿させて頂いた。


地デジになり、受信できる放送が数個しかなくなり、NHKも全く映らないのに・・なんで受信料を⁉
という投稿。



その後、NHKからは再三の電話がかかってきた。

彼らの仕事中にかけてきて、私も仕事中。

もちろん、でれるはずがない。


結局は、私の大切な休憩中に、私の電話代を使って(ケチい言い方?)話をした。



調査にくるという。

どうぞ(´・ω・`)






家に帰ると・・・・・

ん⁉
見たことがない番組・・・
なんで⁉(笑)



主人いわく

NHKがきて、何やらを買ってつけたらテレビがつきますと言われて、8000円もするこれを買いに行った・・・と指を指す。

( ̄□||||!!


この給料前にか。・゜゜(ノД`)

と、当時のワタシ。



しかも、これって、調査じゃないやん
(/≧◇≦\)

と、当時のワタシ




一応、元・旦那はたくさんの病気をかかえ、治療費やら、繰り返す入院で・・・・年金生活者で、何かと大変だった。



これ、必要⁉
と、マジで腹がたった
(*`Д´)ノ!!!



私は、仕事で帰りが遅く、ほぼほぼ家におらず、居たところでそんなにテレビを見ることもなく


これ、必要⁉

ばっかじゃないの⁉

と、当時のワタシ。



でも、買いに行ったのは元・旦那。

断りきれずに・・・・


お母さんに怒られるだろうなあと思いながらも
最終的に判断をしたから買いに行ったのだろう。




諦めるしかなかった。




その後、元・旦那は他界

結局は、NHKは解約。




あの、なんとかって物


必要だった⁉


そこまでして回収したいの?おかね・・

亡き元・旦那へ・・さてと・・・

あなたが亡くなって2週間がたったよ。


子供たちは、今でも時おり涙ぐんでる。

そして、私のことも気遣ってくれてる。



でも

なんだろうね

私は、子供たちほど弱くない



確かに、私の人生の三分の二ほどは共にいたわけだから

親以上に一緒にいたわけで


でも、
子供たちほど弱くない


母親が亡くなったときは
寂しくて哀しくて辛くて
幼子や貴方か寝静まってから
キッチンで独りで泣きながらお酒を呑み
お酒の力を借りて寝ていた


確か・・数年は続いた。
あの時も、色々ありすぎたから
私は独りでよく泣いた

今の娘たちのようによく泣いた


だから、私は貴方を引きずってなんかいられない。

私は  弱い者にはならない

私は  貴方を亡くしたことより
    子供たちのことが心配


貴方が、亡くなったあの日
なんで、夕方に気遣ってやらなかったかと自分を責める長女

いつものように、様子を伺いに実家に行って
硬くなってしまってる父親の普段着の姿を発見した次女

病気のことを気遣いながらも
遠くに住んでて何もしてやれなかったと、三女


皆、来年からの貴方の治療を信じ
  貴方は死ぬことはないと信じてたから



それぞれが哀しくて辛くて寂しくしてる。


私は母親だから

冷たいようだけど、
     貴方とは他人だから・・・




母さんは、ほんとに辛くない?
     ほんとに大丈夫?


末娘が言うけど


私は長いこと
  40年も貴方と連れ添ったけど
  40年も貴方と居たけど
  独りだった

たから、強いのよ




さてと

やることがいっぱいあるよ


娘たちの心のケアもある

    
貴方が大切にしていた【家】と
貴方が大切にしていた【娘たち】を

貴方の姉さんから守らなきゃ


ウジウジなんかしていられない

亡くして知ったこと・元・旦那への想い

父さん

いや・・・きんちゃん

三女が、彼の元に帰っちゃったね。
帰りの新幹線の中で、ちゃんとそばで見守ってあげた?


彼女は早くから、彼の元に行っちゃったから、
きんちゃんのそばで育ったのは、たったの20数年…


娘が、彼の元に行こうかどうしようか悩んだとき
  遠くへ行くと言うことは
  家族の死に目に会えないということ。


  貴女に、もしものことがあったら
  母さんは、今までのように、すぐそばにいて
  あげられない。
  自分で戦わなければいけない。

  もし、父さん、母さんにもしものことがあった
  時、
  遠くに行くんじゃなかったって後悔したり
  自分を責めないこと。
  
  それが出来るかって聞いたら


 後悔したくないから彼の所に行きたいって…



今回、突然に、きんちゃん逝ったけど・・・
三女は約束を守ろうとしてか、気丈に闘ってた


火葬される時、
ただ、ひたすらに泣く娘たちは
私の
 父さんにありがとは❗❗
と言う声に過剰に反応して
父さんに届けと言わんばかりに
泣きながら叫んでた

  ありがとー❗、ありがとー❗、ありがとー❗

聞こえてた?




その三女が、彼の元に帰る前日に、きんちゃんの色々なことを教えてほしいって・・・夜中、2時過ぎまで話し込んだよ


出会ったときのきんちゃんの話
交際中のきんちゃんの話
結婚して・・・・


泣きながら聞いてた


仕方ないよね

27年のうち、20年と少しだもん

可哀想なことをしたんだよ、きんちゃん



それはそうと・・

大きくなった娘たちは、我が家を【かかあ天下】だと、思ってたらしいよ(笑)


昔の、きんちゃんの話をすると、
偉そうに、私に説教してた頃の話ね(笑)

そんな話をしてあげたら目を丸くして

意外~( ☆∀☆)

って・・・・嬉しそうだったよ


昔、お母さんが「お父さんは格好いいんだ💨」って言ってた意味がわかる気がする


ってさ(笑)



私も、話してて思った


やっぱ、きんちゃんはかっこ良かった


おっと‼
過去形だからね(笑)







ごめんごめん(^w^)




ごめんなさい
どこから、狂っちゃったんだろうね